メスイキのコツ

【全10種】男性のオーガズムまとめと、ドライとメスイキとの違い

この記事では男性のオーガズムをまとめ、「メスイキ的か?」という観点から分類し、それぞれの快感や難易度などを評価しています。
疑問を抱く者
疑問を抱く者
『ドライオーガズム』と『メスイキ』の違いって何?

このような疑問を持った方は少なくないと思います。
結論から述べますとほぼ同じ意味です。
当ブログでもほぼ同じ意味で扱っています。

なぜなら、二つの言葉はほぼ同じ現象を指しています。

ドライオーガズム:男性が射精をしないでイク
メスイキ:男性が女性のようにイク

ただしドライオーガズムには種類があり、中には『男性的なドライオーガズム』もあります。
これを指して『メスイキ』と呼ぶには少し違和感があります。

最大の問題は『メスイキ』という言葉だけでは、女性におけるどの『イキ方』を示しているか分からないということです。
例えば女性のイキ方にはクリトリス、Gスポット、ポルチオオーガズム、潮吹きなどの種類があります。
同じく男性のイキ方にも種類があり、女性のイキ方に相当するドライオーガズムも存在しています。
そのことを無視して『ドライオーガズムとメスイキはほぼ同じもの』と言うのには無理があります。

なので今回は男性の様々なオーガズムを『メスイキっぽいか否か』という観点から分類し、それらの快感などを下のように評価しました。

難易度    :『なし 低 中 高』の4段階
瞬間最大快感 :『★』の数で評価。射精の快感を基準としています。
快感持続時間 :
イクまでの時間:※平均値です

なお今回はオーガズムの発生手段についてはあまり触れません。
使う道具が何であれ、触る性感帯がどこであれ、肉体から発生する快感が同じようなものであれば同一のオーガズムとしてカウントしています。

もくじ(本文へ)

【1】射精系


ペニスやその周辺を刺激して射精する方法です。

1-1普通の射精

難易度    :なし
瞬間最大快感 :★
快感持続時間 :1秒
イクまでの時間:13分(※平均値です)

ドライオーガズムの対義語として『ウェットオーガズム』と呼ばれることもあります。
前立腺を圧迫しながらやると快感が増します。

ソージュ
ソージュ
イク瞬間は気持ち良いですが、射精の瞬間はむしろ苦しさを感じます。
オナホとか使ってイク前の快感を楽しんでいるときの方がいいかもしれません。

快感のためというより、性欲の発散のためにやってる感じですね。

1-2会陰部圧迫

難易度    :低
瞬間最大快感 :★
快感持続時間 :10秒
イクまでの時間:1時間

会陰部(ペニスと肛門の間)を圧迫しながらチクニー(乳首刺激)などをしていると射精することができます。
会陰部の圧迫方法としては、空き缶を太ももで挟んだり、電マを当てるなどがあります。
快感持続時間が長い分、射精より快感の総量は上ですが、無駄に時間がかかります。

あえてやるほどのものでもありませんね。

1-3根本圧迫

難易度    :中
瞬間最大快感 :★★★
快感持続時間 :10秒
イクまでの時間:40分
備考     :勃起した状態でやると危険!

——注意
危険なオナニーです。
やるなら自己責任で実行してください。
無理をしてペニスを折るなどの怪我をしても一切責任を取りません。


この図の赤い部分(下腹部)に、1リットルほどのペットボトルを乗せて太ももに挟み、併せてチクニーなどをすることで発生するウェットオーガズムです。
位置関係の都合上、勃起したまま行うことは不可能です。

このオナニーの利点はメスイキに似た快感が得られることです。
ただし前立腺をダイレクトに刺激するアナニーに比べると快感・速効性で劣ります。
それ以前に、『勃起した状態でやると危険』というのが問題です。

ソージュ
ソージュ
これよりアナニーの方が何十倍も気持ちいいですよ。
宇宙人
宇宙人
勃起したままやったらペニスが折れました。

【2】微妙にメスイキっぽいオーガズム

オスイキ-メスイキ追打連射 童貞ち●ぽを私色に染める親友の姉(イイ女) 真宮あや

この章では女性におけるクリトリス、Gスポット、潮吹きなどに対応した男性のオーガズムを紹介します。

2-1男性型ドライオーガズム

難易度    :低
瞬間最大快感 :★★
快感持続時間 :30秒~数時間(数百回イクことも可能)
イクまでの時間:10分

ドライオーガズムの中では最も『女性のGスポットオーガズム』に近い快感だと思います。
比較的難易度が低いのが利点です。
ただし発生する快感は射精によく似ているので、『メスイキ』と呼ぶにはあまり相応しくないかもしれません。

それでも射精の快感しか知らない男性にとってはかなり強烈なオーガズムに感じられると思います。
持続時間が長いので、快感の総量は射精の数十倍にもなりえます。

ソージュ
ソージュ
普通の射精よりは気持ちいいです。
著者が男性型ドライオーガズムしかできなかった頃は、ハマって10時間くらいぶっ通しでイキ続けたこともあります。

しかし女性型ドライオーガズムに比べると快感が弱く、今ではあまりやりません。

2-2亀頭ドライオーガズム

難易度    :高
瞬間最大快感 :★★
快感持続時間 :1秒
イクまでの時間:1時間

メスイキの感覚を完全に理解している人じゃないとできない、ペニスを使ったドライオーガズムです。
亀頭にメスイキの快感が集中するので、最も『クリトリスの感覚』に近い快感が味わえると思います。

ただし快感の強さに対して難易度が高すぎるという欠点があります。
本場の女性のクリトリスオーガズムと同じく、快感持続時間も短いです。

男性の亀頭は女性のクリトリスほど敏感ではなく、女性的な感覚でイこうとすると非常に時間がかかってしまうのが難点です。

2-3潮吹き

難易度    :なし(※電マを使った場合)
瞬間最大快感 :ほぼなし(勝手に尿が吹き出るだけです)
快感持続時間 :
イクまでの時間:5秒(射精直後から数えて)

電マさえあれば簡単にできます。
亀頭に当ててまずは射精し、その後も当て続けることで発生します。
潮吹きはいきなり起こるので、トイレやお風呂場などで実行してください。
下町工場 ~匠の電マ~
下町工場 ~匠の電マ~

快感はないのですが、女性の気分を味わえるので私は好きです。

2-4トコロテン

難易度    :低
瞬間最大快感 :★
快感持続時間 :3秒
イクまでの時間:30分

ディルドなどで精嚢を強く圧迫したときに起こります。
全く快感が発生せず、精液だけがドロドロと流れることもあります。

潮吹きと同じくこれもマゾ向けですね。

【3】完全にメスイキ


女性型ドライオーガズムが該当します。
男性でも「これは女性の快感だ!」とハッキリ分かるほどに明確な快感が得られます。
快感の強さも圧倒的です。

※女性型ドライオーガズムの快感は『イキ方の強弱』によって大きく変わります。ここでは平均値を示しています。

3-1女性型ドライオーガズム(肉体型)

難易度    :中
瞬間最大快感 :★★★★★
快感持続時間 :20秒~1時間(連続でイクことが可能)
イクまでの時間:15分

前立腺や精嚢などを圧迫することにより起こります。
イクときに急激に快感が上昇するという特徴があり、想像を超えた快感から叫んだり恐怖を覚えたりする人も珍しくありません。

体力の消耗は激しいですが、何十回も連続でイクことが可能です。

多くの人を虜にしてきた女性型ドライオーガズムの一種です。
これがあるからこそみんなアナニーするんですよね。

3-2女性型ドライオーガズム(精神型)

難易度    :高
瞬間最大快感 :★★★★★★★★
快感持続時間 :1分~数時間(イキっぱなしの状態で快感が上下します)
イクまでの時間:15分

主に前立腺の内部にある前立腺小室(男性子宮)を刺激することで発生するドライオーガズムで、女性のポルチオオーガズムによく似た快感が発生します。
アナルだけでなく、乳首等でも軽くイクことが可能です。
※乳首でイクためには高い感度が必要です。

射精とは快感の種類が全く違い、多幸感と呼ばれる精神的な快感が発生します。
快感の発生の仕方もかなり特殊です。

図にある『世界から遮断されるライン』とは言葉通り、精神的快感で意識が埋め尽くされて、五感がこの世界から遮断されます。
例えるなら『明晰夢を見ている状態』のような特殊な精神状態になります。
そして天国にいるような不思議な感覚が発生します。

余韻は2時間くらい残ります。
その間はずっと天国気分で、『ベッドにいるだけで気持ちいい』という状態になります。

図の通り快感の持続時間が非常に長いので、快感の総量は射精のものを二桁ほど上回ります。

男性的な性欲がなくてもイケるので、賢者モードでも可能だというのも珍しい特徴です。

あまり体力を消費しないドライオーガズムなので、私にとっては射精をするよりも気楽です。

3-3複合ドライオーガズム

難易度    :高
瞬間最大快感 :★★★★★★★★
快感持続時間 :1分~1時間
イクまでの時間:20分

主に女性型ドライオーガズム(肉体型)と(精神型)が合わさったものです。
二つ以上の味(快感)を味わえる美味しいドライオーガズムです。

特に何の狙いもなくメスイキしようとした場合、このドライオーガズムを薄めたようなものが発生しやすいです。
完璧なものを狙うのであれば、使う道具やコンディション、イメージなどを上手く調整する必要があります。

女性的なエロい快感と甘さを同時に味わえる最高のドライオーガズムです。

関連記事

-メスイキのコツ

© 2021 メスイキ総合研究所